薬剤師転職サイトを比較するならヤクヤク!素晴らしい薬剤師ライフを過ごすための一歩を踏み出しましょう。

今最もアツイ薬剤師転職サイトをランキング形式で紹介。転職サイトはどれも同じじゃない!調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬メーカー、企業、どこに勤めたいかで転職サイトが変わってくる!

*

薬剤師転職サイト21社をご紹介!

『薬剤師転職サイト、すべてご紹介』
転職お祝い金がもらえる
上場・大手転職サイト
調剤薬局グループが運営
エリア限定
派遣・時短・パート・バイト
仲介サイト
ぞくぞく薬剤師転職サイト

やっぱり薬剤師は不足している!

ご存知の通りコンビニよりも多くある調剤薬局は益々増加傾向です。業界から見れば薬局によっては淘汰されるともいわれていますが、それでも、まだまだ薬剤師が不足し続けることは間違いありません。ただ、薬剤師の年収高騰が続くかというとこれは不明瞭なところがありますよね。診療報酬改定により調剤薬局の経営は年々厳しさを増しています。薬局チェーンによっては撤退、倒産もチラついているとろろは、県内に1件、2件の騒ぎではないでしょう。特に次回診療報酬改定ではより調剤薬局に厳しい、厳しい改定が待っているともいわれています。

今、勤めている企業は『ブラック薬局』かもしれない

企業としては当然の話ですが、将来を見据えた設備投資や人材育成、新店舗出店、または赤字店舗の撤退をしている企業だけが生き残ります。では、あなたが勤めている調剤薬局はきちんと未来へ向けての投資を行い、戦略ビジョンを持っている薬局でしょうか?

街の薬局となれば、中小企業と同じです。ボーナス査定があいまいではありませんか?有休消化があったりなかったりになっていませんか?年俸制という名の元で休日出勤、時間外労働が常習化されていませんか?福利厚生はありますか?社員旅行や社内研修は一年に一回、もしくは0回とか、、、、これは零細企業以下のブラック企業だとわかっていて気づかない振りをしているのではないですか?

とりあえず給与の支払いがされているから大丈夫だろう・・・という希望的観測でダラダラしているのであれば、かなり危険かもしれません。なぜなら、上場している調剤薬局はもちろん地場チェーン調剤グループなどを運営している企業こそ、この変革の調剤薬局業界をチャンスとして捉え、超戦略的に攻撃的になっていることは新聞、業界紙、ネットニュースを見れば一目瞭然です。

「偶発的」な転職が成功すると思いますか?

転職をした人には大きく分けて「偶発型」と「計画型」の2種類のタイプに分かれます。7~8割の人が「偶発型」といわれています。7割の方が内、転職に成功した人はどれくらいいるのでしょうか?

転職サイトを辿れば、転職者の満足度90%以上!と謳っているサイトも実際でてきます。満足度が高い人がなぜ満足のいく結果を得られたのか?これはキッカケは偶発的であったが、その後、計画的に変わり、結果、満足度の高い転職ができたという一連の流れがあります。

「偶発的」→「計画的」→「結果:満足度が高い転職」

転職情報の「収集」と「内容整理」

では、この計画的なマインドに至ったときに、特に大切にしていきたいこと、「情報の収集」と「情報の内容整理」がこの二つのポイントが重要になります。転職サイトに登録すると求人情報はすぐに3~4社と情報をいただける会社もあります。毎日小出しに1社ずつ連絡をくれるところもあります。複数サイトへ登録すると重複した求人情報をもらうこともあります。正直、求人情報のオンパレードです。

ここで先ほどお伝えしたポイントが重要になります。求人情報をTELまたはメールなどで連絡をいただいた場合は、その求人情報に対して興味があれば必ず質問や内容確認をすることをオススメします。そして、そのレスポンスに対しての内容を整理すれば、満足度の高い求人を導くことができます。

転職サイトを複数登録する意味合いは大きく分けて二つ

1)求人のチャンスを逃さない

2)収集した情報の確証を得る

複数転職サイトへ登録すれば、その分各方面から求人情報を得ることができます。大手に強い転職サイトがあれば、地方の薬局グループに強い転職サイトもあります。だから当サイトでは、3~5社程度の登録を推奨しています。

もう一つは、転職したい先が見つかったときに、別の転職サイトの担当者さんにその求人内容を思い切って相談することが大事です。そして知り得た情報に相違が無いか、確認しておくべきでしょう

悪い求人ケース例

■半年前から「新着」求人
■約束の「年収」が守られない
■転勤無しが「転勤あり」になった
■薬剤師の「配置数」が少ない
■みなし「残業」が横行し

一部の調剤薬局とはいえ常習的に、よく見せようとする薬剤師求人を出すところがあります。実際はその内容が正しいかことなのかは就職しないとわからないこともあります。そういったリスクを少しでも減らすためには複数の転職サイトに登録し、求人内容を照し合せ、担当者との整合性を確認することで、情報の見極めができ、さらに深い情報も手に入れる可能性がでてきます。

あえて厳選しなかった!これが当サイトでご紹介できる薬剤師転職サイト一覧

多くの転職サイトでは、勝手なランキング形式で厳選5社に絞り込んだり、大手転職サイトを推す傾向がありますが、当サイトではあえてご紹介できる転職サイトをすべて公開しております。各々に特徴は並べて比較させていくこともできます。しかし、転職したい希望者、転職を実践した薬剤師とのヒアリングをした結果、たくさんの転職サイトの中から薬剤師さんご自身で調べて登録したいというご要望が多かったため、ご紹介できる限りの薬剤師転職サイトを掲載させていただきました。是非、ご自身の目で見てご納得いく転職サイトがお探しください。

転職お祝い金がもらえる!10万円から最大40万円をゲット!

未だに一番根強い!お祝い金がもらえる転職サイト。以前はもっとたくさんの転職サイトでお祝い金を出してくれる企業はありましたが、現在は下記の企業だけになってしまいました。とはいえ転職先を探し出してくれて、お小遣いもいただけるなんて嬉しいですよね!


上場・大手転職サイト

安心感=法令遵守(コンプライアンス)がある転職サイトを選択したい人は、上場企業がやっぱり安心できます。転職活動をするときは、どうしても経営者や現場スタッフには絶対にばれたくない気持ちはあります。そういった不安をお持ちの方は、情報管理を徹底している企業での転職サイトを利用することをオススメします。



調剤薬局グループが運営する転職サイト

調剤薬局が運営してから、どういった求人が嬉しいかわかってくれます。特に条件面や待遇面は現場薬剤師とのやり取りがダイレクトにできていることで、求職者の要望が通じやすい可能性が高いでしょう。

エリア限定の薬剤師転職サイト

地域に特化することで、大手では見つけられない求人が見つかるかも。たとえば、規模は小さいかもしれませんが、継承物件や管理者候補といった案件は大手求人サイトよりも見つかりやすい可能性が高いでしょう。独立したい人にはエリア特化した転職サイトがオススメです。


派遣・時短・パート・アルバイト向け

子育て、主婦、初めて調剤業務を行う方、派遣やパートを希望する方は多岐にわたるケースをお見受けしています。特に最近は派遣、パートの方が給与が良いという話もでてきています。自由にお金と時間を手に入れれる!メリットは大きいかもしません。

薬剤師転職仲介サイト

転職仲介サイトって?どこの転職サイトを選べばいいのかわからない・・・・と完全に迷い込んでしまった方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。一定サイトにフォーカスしてあなたに合った転職サイトを診断してくれます。
ひいらぎ転職相談所_メルマガ

まだまだこんなにもたくさんある薬剤師転職サイト

これからも薬剤師求人は過熱し続けるでしょう。新規の転職サイト業者も増える傾向です。新たな転職サイトが見つかり次第随時追加していきます。







公開日:
最終更新日:2016/09/16